Excel VBAマクロの勉強におすすめの本!「Excel VBA塾」を読破した結果!

目次

結論:Excel マクロの基本がわかった!実務レベルはもう少し!

今回紹介する本は「Excel VBA塾」です!

私は仕事でよくExcelを使用していますが、常々「単純作業をマクロで効率化したいなぁ…」と思っていました。

そこでExcel VBAマクロの初心者向け書籍「Excel VBA塾」を読んでみました!

最終的に「Excel VBA塾」を読んだ結果、以下のスキルが身に付きました。

  • そもそもマクロとは?
  • マクロはどういった作業に向いている?
  • マクロの書き方と動かし方
  • デバックのやり方

「Excel VBA塾」はタイトルにもある通り、初心者向けの本だと思います。

Excelのマクロについて1から丁寧にわかりやすく書かれている本だったからです。

実際に私も手を動かしながらマクロを作成してみて、お手本と同じようなマクロを作ることができました

そして、なんとなくマクロの言語が何を意味しているのかわかったような気がしています。

そのためこの本は以下の方におすすめです。

  • 完全にマクロ初心者
  • マクロの基礎を学びたい人

ただ、この本を読むだけで実務にすぐに使えるマクロを作れるかはちょっと疑問です…

理由はマクロというのは自分で何度もコードを書いて実力をつけていくものだからです。

そのため、この本を読んですぐに実務に使えるようになるというわけではないと思います。

むしろ「Excel VBA塾」で得た基礎知識を基に自分でマクロを作る経験を積んでいくことが大切だと思います。

そして最終的に実務レベルを目指すという流れになるかと思います。

ただ、これからマクロの基礎知識を身に付けて着実にスキルアップしていきたいという方にはお勧めの1冊となっています。

Excel VBAマクロを学ぼうとしたきっかけ

皆さんは仕事でExcelを使用することが多いでしょうか?

私は非常に多く、1日の作業時間のうちで最も見ている画面がExcelです。

単純なルーティン作業もあるので「どうにかして自動化できないか」と考えていました…

自動化といえばマクロのイメージだと思うのですが、皆さんはマクロを使えますか?

  • システム系のことはさっぱり……
  • コードをカタカタ書きまくるイメージ
  • そもそもマクロって何ができるの?

という方もいると思います。

実は私もマクロのことはよくわかっていない状態でした。

しかし、ルーティン作業を自動化できれば他のことに時間を使えます。

そして定時で帰ることも可能です。

そのため私は「Excel VBA術」という本を読んでみることにしました。

Excel VBAマクロを本で勉強することにした理由については以下の記事で詳しく書いていますので読んでいただけると嬉しいです。

「Excel VBA塾」の詳細と使い方!

改めて今回紹介する本は

Excel VBA塾:初心者OK! 仕事をマクロで自動化する12のレッスン

です!

この本はタイトルにもある通り、初心者向けにExcelのマクロについて書かれている本です。

本の口コミを見てもマクロを触ったことがない私に向いている本だと思いました。

口コミ
  • 超初心者さんにオススメ!
  • 入門書~基礎本として良い!
  • VBAの勉強を始めるには最適!

「Excel VBA塾」の構成は以下のようになっています。

構成を見てもわかる通り、盛りだくさんですよね!

全400ページにわたってマクロについて丁寧に解説してくれています。

ちなみにAmazonで【Excel VBA】を検索すると最初に出てくるのは、

Excel 2019/2016/2013 マクロ/VBA

です。

こちらもマクロの基礎を学べる本ですが、233ページしかありません。

そしてお値段も、

  • Excel VBA塾→2,409円(税込)
  • Excel マクロ/VBA→2,860円(税込)

となっており「Excel VBA塾」の方がページ数も多いのでお得かと思っています。

個人的に「Excel VBA塾」は見開きにしたときに本が閉じない作りになっている点も良いと思いました!

ちなみに、この本はYouTubeでも活躍されているたてばやし淳さんが著者です。

そのため、YouTubeで解説動画も見ることが可能です!

サンプル画像(Amazonより)
2通りの使い方が可能!
  • まずは動画を見る
    ②詳しく書いてある本を参照する
  • まずは本で勉強する
    ②わからないところを動画で確認する

といった2つの使い方が可能かと思います。

もし「Excel VBA塾」を読むのであれば1章から順に読んでいくことをお勧めします。

基礎から順々に教えてくれているので興味のある章から読むより体系的に学べます。

特に初心者の方は前提知識が大事なので1ページ目から着実にやっていきましょう!

まずはこの本を完璧に理解することが大事だと思います。

その後に自分で手を動かし、試行錯誤しながらマクロの経験を積んでいくのが最短距離かなと思いました。

スキルは1日で身につくものではないですよね。

しっかり一歩ずつ私も進んでいきたいなと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次