ビジネスモデルが図解で学べるおすすめの本|DX時代のビジネスモデル見るだけノート

目次

DX時代のビジネスモデルが図解でわかりやすく学べる!

今回紹介する本は

DX時代のビジネスモデルがゼロからわかる! 使えるビジネスモデル見るだけノート

です!

「DX時代のビジネスモデル見るだけノート」を読んだ結果、以下の知識を身に付けることができました。

  • DXとは何か
  • GoogleやAmazonが何で儲けているか
  • 今ホットなビジネスモデル

皆さんはGoogleやAmazonがどうやって儲けているか知っていますか?

また、近年爆発的に普及したシェアリングサービス動画配信サービスのからくりも知っていますか?

私はなんとなくは知っていましたが、詳しい内容は知りませんでした…

しかし、「DX時代のビジネスモデル見るだけノート」はわかりやすい図解で解説してくれているので頭にスッと入ってきました。

文章量は多くなく、ページの8割以上がわかりやすい図解なので普段活字をあまり読まない人にもお勧めです。

  • 活字が苦手
  • ビジネスモデルをイメージで理解したい
  • 色々な企業のビジネスモデルを知りたい!

今の私たちの生活に欠かせない企業のビジネスモデルを知ることはいい教養になるはずです!

では紹介させていただきます!

ビジネスモデル見るだけノート

改めて今回紹介する本は

DX時代のビジネスモデルがゼロからわかる! 使えるビジネスモデル見るだけノート

です。

【見るだけノートシリーズ】は非常に多く出版されています。

見るだけノートシリーズの一例
  • 経営学見るだけノート
  • 決算書の読み方見るだけノート
  • アドラー心理学見るだけノート

ジャンルも多岐にわたっていることがわかるかと思います。

ちなみに出版社の宝島者で「見るだけノート」を検索すると、117件ヒットしました。

117件も「見るだけノート」があるのは、それだけ人気なシリーズだということでしょう。

検索結果(宝島HP)

「ビジネスモデル見るだけノート」は2作出版されています。

前作は2019年に出版されており、世界の様々な企業のビジネスモデルを紹介していました。

「ビジネスモデル見るだけノート」については以下の記事で詳しく書いていますので読んでいただけると嬉しいです!

今回紹介する「DX時代のビジネスモデル見るだけノート」はDX時代ならではのビジネスモデルを紹介しています。

出版年も2023年となっており、今作の方が今のビジネスモデルを学ぶことができます。

どんな企業のビジネスモデルが学べるかというと、皆さんがご存じの企業ばかりです。

  • スターバックス
  • Amazon
  • Netflix
  • 無印良品
  • ホンダ

そしてこれらの企業はすべて違うビジネスモデルです!

それぞれのビジネスモデルの違いを知りたくなりませんか?

特にDX時代とタイトルにもあるので、技術革新や新たなビジネスモデルを学ぶことも可能です。

この本はビジネスマンにはもちろん、学生にも役に立つと思います。

自分の志望する企業が「どのようなビジネスモデルで儲けているのか」を知ることで志望動機にも厚みが出てくるのではないでしょうか?

また、見開き1ページで1つのトピックについて解説されているのですらすらと読み進めることができました。

そして特筆すべきは図解の多さです。

ページの8割以上が図解なので頭の中ですぐにイメージすることができます。

イラスト集のような感覚で読み進めることができると思います。

サンプル画像(Amazonより)

イラストもかわいらしい感じで個人的に好感度が高かったです。

「DX時代のビジネスモデル見るだけノート」を読んで学んだ知識を一つ紹介させてください。

第三者が価値を高めるiPhone

2022年のAppleの売上高は約3,383億円でした。

製品別でみるとiPhoneが52%を占めており圧倒的な稼ぎ頭になっています。

ここで注目してほしいのが19.8%を占めるサービスです。

サービスにはApp StoreやApple Musicが含まれています。

実はこのサービスがiPhoneの価値を高めています。

App Storeには日々様々なアプリがリリースされていますよね。

そのため、Appleが生み出さなくても第三者がiPhoneの価値が高めてくれるのです!

つまり、便利なアプリが生み出されることによってiPhone自体の利便性も高まるということです。

この図解は私が作成しましたが、このようなトピックが数多く収録されています。

そのため、誰でも飽きずに全てのトピックを読み切ることができると思います。

身の回りの企業のビジネスモデルを知ることは現代の教養として必須になっていくかもしれませんのでぜひとも読んでみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次