Excel VBAマクロの勉強方法は何がオススメ? 私が本で勉強した理由!

目次

Excel VBAマクロのおすすめの勉強方法は?

皆さんは普段の仕事でExcelのマクロを使っていますか?

私は仕事でExcelを頻繁に使用しているのですが、VBAマクロはほとんど使えませんでした。

ただ、自分の仕事はルーティン作業が多いのが特徴です。

数字を同じセルに入力したり、同じフォーマットを作ったりといった脳死の作業が多いんですよね。

「マクロ作成ができればもっと効率化できるなあ」と思い、マクロの勉強を始めることにしました!

ただ、ここで悩むのはマクロの勉強方法でした。

マクロ勉強方法の候補
  • 本で勉強するのか
  • PC教室に行くのか
  • オンラインで授業を受講するのか

様々な勉強方法があって正直悩みましたが、最終的に独学で本を活用して勉強することにしました。

Excelマクロを独学にした理由

①マクロは比較的簡単

まず一つ目の理由はVBAマクロは複雑ではないということです。

もちろんVBAマクロを実行するためには文法を学ぶ必要があります。

ただ、その文法が比較的簡単だということで独学でもできるのではないかと思いました。

②動きがイメージしやすい

二つ目の理由は初心者でもマクロの実際の動きがイメージしやすいことです。

他のプログラミング言語では、初心者は自分の書いた文章がどう動くのか、どう表示されるのか分からないこともあると思います。

しかし、VBAマクロはExcelという見なれた画面がどう動くのかイメージすることが容易です。

どんな動きをするのかイメージできるので、文章を書いているときに何が何だかわからないことが少ないと思いました。

以上の2つの理由から私はExcel VBAマクロを書籍を活用して独学で勉強することにしました。

書籍でVBA マクロの勉強をした理由

Excel VBAマクロを独学で勉強することを決めた私ですが、次にどのツールを活用するかでまた悩みました。

そこでチェック項目として以下の点を重要視して勉強することにしました。

  • 価格
  • 体系的に学べるか
  • 検索性があるか
  • 動作が確認できるか
  • 質問できるか

この点をまとめたのが以下の表です。

この表を見ると「PC教室がいいのでは?」と思うかもしれません。

ただ、私は最終的に書籍で勉強することに決めました!

現在もこの判断は間違っていないと思っていますので以下に理由を書いていきたいと思います。

メリット① 何より安価

まず初期投資としてかかる費用が書籍が一番低いのが大きな理由です。

いくらVBAマクロが比較的簡単だとしても、実際に勉強を始めると挫折してしまう可能性があります。

人には向き不向きがありますので自分が不向きだった場合、一番損失が少ないのが書籍だと思いました。

「そんな意気込みではだめだ」という声ももちろんあるでしょう。

しかし、個人的に自分に向いていないことを仕事の時間以外でする必要はないと思います。

他の自分に向いているスキルを身に付けた方が自信につながりますし、結果的にスキルアップができるはずだからです。

そのため私は自分に合うかどうか見極めるために書籍から勉強を始めました。

ちなみにPC教室の大手であるWinSchoolの【Excelマクロ・VBA講座】は全10回で72,600円です。

また、これに加えて入学金9,900円教材費2,860円がかかります。

そのため、総額85,360円かかります。

90分の授業が10回の総時間が15時間の授業になるので、1時間当たり5,690円ですね!

https://www.winschool.jp/guidance/business/macro_vba.html

最初の授業でいきなりつまづく可能性も考えると、相当の覚悟が必要ではないかと思いませんか?

また、オンライン授業が豊富なUdemyで【Excel マクロ】と検索しても一番人気の講座は4,000円前後です。

PC教室よりは安価ですが、内容がわかりづらい可能性もあります。

また、自分の実力に合う内容かどうかも事前に調べる必要があるでしょう。

https://www.udemy.com/topic/excel-macros/

一方で書籍は高くても2,000円前後です。

また、内容についても書店でパラパラとめくればなんとなく自分に合うかどうかわかるはずです。

そのため私は書籍からスタートすることにしました。

メリット② 体系的に学べる

二つ目の理由は書籍は体系的に学ぶことができるということです。

書籍は1ページ目から順々に体系的に学ぶことができます。

また、書籍は著者と出版社がきちんと精査した内容が掲載されています。

そのため、正確な情報と知識を身に付けられることがメリットかと思います。

この点で言えば、PC教室も体系的に学べることができるので良いと思います。

しかし、オンライン講座だと事前に講座内容をチェックする手間がかかりますし、断片的な知識になる可能性があると思いました。

メリット③ 検索性がある

三つ目の理由は書籍には検索性があるということです。

皆さんご存じのとおり、本には目次や索引があるので忘れてしまったところを検索して勉強することが可能です。

また、プログラムの正式名称も書かれているので本を読んでもわからないところはネットで検索しやすいのも良いポイントだと思います。

PC教室でも検索性はありますが、教材は書籍なので結局書籍で検索することになります。

また、オンライン講座は検索性が低いです。

動画の何分のところで解説されたかを見つけるのに時間がかかるので検索性は低いと思いました。

書籍のデメリットと考え方

ここまでは書籍のメリットを書いてきましたが、ここからは書籍のデメリットを書いていきたいと思います。

どのツールでもメリットとデメリットがありますが、デメリットを納得できるのが書籍でしたのでその点も書いていきます。

デメリット① 動作が確認できない

まず一つ目のデメリットは書籍では実際のマクロの動きが確認できないという点です。

自分の書いたコードが書籍に書いてある動きと同じかどうか確認できないのはデメリットです。

PC教室であれば講師に確認できますし、オンライン講座では最初に講師の書いたコードの動きを確認することができます。

しかし、今はこのデメリットを克服する書籍も出版されています。

書籍にQRコードが付いていて、読み取るとYouTubeに移行して動作を確認できるようになっているのです。

特に今回私が購入した書籍はこのデメリットを克服してくれました。

それが「Excel VBA塾」です。

この本は各トピックごとにYouTubeでの解説動画があるので動作の確認が可能です。

そのため私はこのデメリットを特に大きな問題だとは思っていません。

デメリット② 質問ができない

もう一つのデメリットは書籍はわからないところが質問できないという点です。

質問ができるというのはPC教室ならではのメリットと言えるでしょう。

また、オンライン講座でもハードルは高いですが講師に直接コンタクトを取れば質問することが可能です。

一方で書籍はわからないことがあっても質問ができません。

しかし私はこのデメリットも受け入れていています。

書籍には検索性があるのでわからない部分をネットで調べられます。

また、YouTubeでも数多くの動画があるのでわからないところを解決できる環境になっていると思います。

そのため、私はこのデメリットを受け入れたうえで書籍で勉強することにしました。

まとめ:Excel VBAを書籍ですることにした

以上のメリットとデメリットを考えたうえで私は書籍でExcelマクロを書籍で勉強することにしました。

実際に私は「Excel VBA塾」で勉強していますが、マクロ初心者の私でも問題なくマクロを作成できています。

最小限の投資で体系的な知識とスキルを身に付けることができました。

皆さんも自分に合うツールでExcel VBAマクロを勉強してスキルアップしていきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次