コーチングとは?ティーチングとの違いを理解してビジネスに活かそう!

目次

コーチング・ティーチングの違いは?

コーチングとは?

コーチングという言葉を聞いたことはありますか?

コーチと聞くとスポーツを教えてくれる人をイメージする人も多いのではないでしょうか。

コーチングとは以下のことを意味します。

相談者のありたい姿や強みを引き出して目標達成に向けてサポートを行うこと

コーチングは「答えを与える」のではなく「答えを創り出す」ものです。

「答えを創り出す」ということは主体は相談者です。

そのためコーチが主体になってしまうとコーチングにならない可能性があります。

コーチは指示命令ではなく、コミュニケーション力を通して相談者の強みを引き出す必要があります。

また、相談者は将来の自分をイメージするのでコーチングは未来志向です。

将来のありたい自分に向かって正しい行動ができるようにサポートすることが正しいコーチングと言えるでしょう。

ティーチングとは?

コーチングと似た言葉としてティーチングという言葉があります。

ティーチという言葉から教師などをイメージする人も多いでしょう。

ティーチングとは以下のことを意味します。

相談者の悩みに対して専門的な知見からアドバイスを行い悩みを解決すること

ティーチングはコーチングと異なり、答えを与えることです。

そのため、主体は教える側にあります。

ティーチングは必要な情報やアドバイスを与えることを意味します。

そしてティーチングのメリットは基礎知識やスキルをすぐに相手に与えられることです。

すぐに使える知識やアドバイスを与えるので現在に目線が置かれているといえるでしょう。

おそらく多くの人が行っているのがティーチングに当たると思います。

カウンセリングとは?

コーチングは未来に、ティーチングは現在に目線が置かれていますが過去に目線が置かれているのがカウンセリングです。

カウンセリングは以下のことを意味します。

相談者の過去の問題点を確認し、気持ちを整理すること

相談者の過去について聞き出すため主体は相談者にあります。

過去は相談者にしかわからないので、聞き手には質問力や内容を整理する力が求められます。

コーチング・ティーチングとビジネス

コーチングのメリット・デメリット

コーチングのメリットは部下のポテンシャルを引き出し、自立を促すことができることです。

部下が自分で課題を見つけ、解決する方法を考える事ができるようになります。

一方コーチングのデメリットは複数人を一度に教育できないことです。

基本的にコーチングは1on1で行います。

また、1人に割く時間が長くなることもデメリットと言えるかもしれません。

コーチングを活かせる場面

コーチングは「答えを与える」のではなく「答えを創り出す」ことを手助けすることです。

業務を行う基本的な知識がないと自分で考える事ができないため、一定以上のスキルや経験のある従業員に適しています。

例えばある目標に対するプロセスや使える資源を対話を通して気づかせることが大切です。

ティーチングのメリット・デメリット

ティーチングのメリットは業務に必要な知識を短時間で伝えられることです。

また、講義形式で行うことも可能なので大人数を一度に教育することもできます。

一方でティーチングのデメリットは受講側が受け身になってしまうことです。

受け身のため、部下の自立を促すことが難しくなる可能性があります。

ティーチングを活かせる場面

ティーチングは新入社員や転職者のようなスキルや経験の少ない従業員の育成に適しています。

キャリアの初期段階で必要な知識や基礎的なスキルを講義形式で教えるのがいいと思います。

また、緊急度の高い業務の知識をすぐに身につかせるにはティーチングが向いています。

コーチングとティーチングは使い分けが大切!

コーチングとティーチングにはどちらにもメリットとデメリットがあります。

そのため、適切な場面で適切な方法を用いることが大切です。

人材育成には明確な答えはなく、人それぞれに適したやり方があります。

その際にコーチングもティーチングもできれば柔軟に対応できると思いますので意識していきましょう!

もしコーチングを活かしたいと考えている方にはcoacheeがオススメです!

coacheeについては以下の記事で詳しく書いていますので読んでいただけると嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次