キャリア形成を考えるのに役立つ!特化型サービスのcoacheeがオススメ!

目次

キャリア形成を考えていますか?

キャリア形成という言葉を耳にする機会が増えた方も多いのではないでしょうか?

テレビやYouTubeでも転職サイトの広告が非常に多くなったなと感じています。

皆さんはキャリア形成についてちゃんと考えたことがありますか?

以下のような人もいるのではないでしょうか?

こんなお悩みありませんか?
  • 自分の仕事にやりがいを感じない
  • このままでいいのかと漠然と感じる
  • 特にやりたいことはないが現状に満足もしていない
  • 将来を具体的にイメージする方法がわからない
  • 誰に相談していいかわからない

ただ、人生の半分は仕事をするとなると自分が納得できることをやりたいですよね。

だからこそ今キャリア形成を考える必要があると感じています。

今回はキャリア形成について考えるべき理由とおすすめのサービスについても紹介していきたいと思います!

この記事のPOINT
  • キャリア形成を考えるきっかけになる!
  • どうやって考えればいいのかわかる!
  • 相談できるサービスがわかる!

キャリア形成を考える理由は?

キャリア形成とは自分が今後どのような仕事のキャリアを歩みたいかということを明確にすることです。

そしてそのキャリアに向かって必要な知識や経験を明確にすることでもあります。

キャリア形成で大切なことは短期のキャリアではなく10年・20年先の中長期の将来を考える事です。

ではなぜキャリア形成を考える必要があるのでしょうか?

それは以下の3つが主な理由です。

  • 終身雇用制の崩壊と転職者の増加
  • AIの発達
  • 働き方の多様化

終身雇用制の崩壊と転職者の増加

まず一つ目の理由は終身雇用制の崩壊です。

一昔前は新卒で入社した会社に定年までお世話になる終身雇用制が一般的でした。

しかし近年は大企業でも安泰ではない時代が来ています。

そのため転職市場が活発になり、転職者数も増加傾向にあります。

転職者数の推移(出典:https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/roudou/21/backdata/01-02-26.html)

新型コロナウイルスが蔓延した20年~21年は減少していますが、今後も転職者数は増加していく予想がされています。

終身雇用制が崩壊したため、自分のキャリアを考える必要がでてきたというわけです。

AIの発達

近年成長が著しいAIですが、AIによって仕事が奪われるといったことを聞いたことがある人もいるでしょう。

そのため、自分の仕事がAIに奪われてしまう可能性があるという人はキャリア形成について考える必要があるかもしれません。

https://www.nri.com/-/media/Corporate/jp/Files/PDF/news/newsrelease/cc/2015/151202_1.pdf

上の図によると日本の約半分の仕事がAIによって奪われる可能性があるそうです。

「こんなことにはならないだろう」と考えるのも良いですが、自分の仕事は大丈夫かと見直す必要はある気がしています。

働き方の多様化

三つ目の理由は働き方が多様化しているということです。

副業が許可されている企業も増えてきていますし、すでに副業を始めている人もいるかもしれません。

パーソルキャリアの調査では副業をしている人の割合は8.4%となっています。

低いと思われる方もいるかもしれませんが、2年連続で増加しており今後もこの数字は増えていくでしょう。

https://www.persol-career.co.jp/newsroom/news/research/2024/20240129_1315/

おそらく副業を始めた人はキャリア形成を考え、もう一つの収入の柱を作ろうとしているのでしょう。

日本の8.4%の人はすでに動いていると考える必要はあるのではないでしょうか?

キャリア形成の考え方

ではキャリア形成はどのようにして考えればいいのでしょうか?

まずは自己分析として以下のことを考えてみることが大事です。

  • 理想の人物に自分を当てはめる
  • やりたくないことを考える

理想の人物に自分を当てはめる

誰にでも上司や先輩で尊敬する人はいるのではないでしょうか?

その人物の立場に自分を当てはめてみてください。

そうすると、その人になるためにはどんなスキルが必要か見えてくるでしょう。

もし尊敬する人がいないというのであれば、映画や本の登場人物でも構いません。

とにかく尊敬する人になるためには自分に何が足りないのか把握することが大事です。

やりたくないことを考える

もう一つが自分がやりたくないことを考える事です。

自分が現時点でやりたくないことは将来においてもやりたくない可能性が高いです。

そのためどうすればやらなくて済むか考えるきっかけになるでしょう。

やりたくないことを明確にすれば、やりたいことが浮かび上がってくるかもしれません。

コーチングを活用する

個人的にお勧めなのがコーチングを利用することです。

コーチングとは相談者のなりたい姿を実現するためにサポートしてくれるサービスです。

自分の強みや目標を聞き出し、具体的なアドバイスや方法を教えてくれます。

自己分析だけでは気づかなかった強みを引き出してくれることもあります。

もしかしたら弱みだと思っていたことが実は強みになるという可能性もあるかもしれません。

また、コーチングは転職サービスではないので営業活動のように求人を紹介されることはありません。

そのため、転職を目的としないキャリアアップの相談ができるのが最大のポイントだと思います。

コーチングと似た言葉としてティーチングという言葉がありますが、詳しい違いについては以下の記事をご覧ください!

CtoC型がおすすめ!

現在コーチングのサービスは非常に多くありますが大きく2つに分類できます。

  • BtoC型企業が私たちの相談に乗る
  • CtoC型個人が私たちの相談に乗る

個人的には圧倒的に「CtoC型」のコーチングをお勧めします!

BtoC型の方がいい気がすると思う方もいるかもしれません。

実はBtoC型には以下の課題があります。

BtoC型の課題
  • 高額→30万~70万円することも…
  • 一般論での支援になりがち…

私たちのキャリアは個人個人で様々です。

専門とする領域も人それぞれですよね。

そのためBtoC型のサービスでは自分に合うコーチに出会えるかわかりません。

何十万円も払って自分に合わなければ本当に後悔しますよね…

一方でCtoCサービスには以下の特徴があります。

CtoC型の特徴
  • 個人のため価格が安い
  • 1つの領域の専門家が出品している(例:ITエンジニア専門)

自分と同じような専門性を持つ人からコーチングを受けられることが最大のメリットでしょう。

総合型よりも専門型がおすすめ!

スキルシェアサービスによって1つのプラットフォームで多数のサービスを閲覧できるようになりました。

そのためCtoC型のコーチングも探しやすくなっています。

例えば「ココナラ」は総合型のスキルシェアプラットフォームです。

必要とするサービスにスポットでお金を払い、サービスを受けるというものです。

しかし、総合型のプラットフォームには総合型ゆえにサービス内容に専門性がない可能性があります。

また、細かいサービスの設定もしづらいというデメリットがあります。

CtoC型でありながら一般的なコーチングになってしまう可能性があるということです。

そのため総合型のスキルシェアサービスではなくキャリア形成専門のサービスを探す必要があります。

coacheeがオススメ!

キャリア形成を考えるのに役立つサービスとして個人的に「coachee」がお勧めです!

coacheeはキャリア相談をもっと身近にすることを目的としたキャリア関連特化型のコーチングサービスです。

キャリアに関する出品しかないので一般的な内容のコーチングだけではありません。

キャリアコンサルタントの方のコーチングや大学職員などのコーチングも出品されています。

もちろん就活のESや職務経歴書の添削をしてくれるサービスも豊富です。

自分に合うサービスを見つけやすいのが「coachee」の特徴かなと思います。

また、相談テーマも多岐にわたりまさに就活・転職・キャリア形成に役立つテーマばかりです。

個人的にですが、ココナラよりもcoacheeの方がサイトデザインも綺麗で見やすい気がします。

ココナラは文章が細かく詰め込まれている感じがするのですが、coacheeは見やすくてスタイリッシュな感じがします。

ちなみに料金体系ですが、相談者はプランの代金だけを払うだけです。

登録料や購入手数料は一切かかりません。

そのため無料登録をしてサービスを探してみるのはいかがでしょうか。

もしかしたらすぐにグッとくるサービスを見つけられるかもしれませんよ!

キャリア形成は第1歩

将来自分が成長して尊敬される姿を想像するのは楽しいと思います。

キャリア形成を考える事はそれを実現する第一歩になります!

将来像を描くことができれば何をすればいいか明確になりますし、具体的な行動に移れるはずです。

ぜひともコーチングを利用してキャリア形成に励んでみましょう!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次